読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらしなブログ

たまにギャグ漫画描いてます(´◉◞౪◟◉)

「英傑の志を継ぐ武者」

 ひ~寒い。最近はイラストが雑になってきた。もう少しで落書きレベルよりひどくなりそうだぞ。
 次回からは色塗ったり、そろそろPhotoShopとかも勉強しなきゃダメだな~と感じてきました。なにせ絵はド素人なもんで、上手く描く為には、一から勉強しなければいけないのです。

 今夜の武将は、浅井井頼(あざいいより)です。ちょっと謎めいた武将ですが、一応、大坂の陣に参戦している記録がありますので、今回の特集に載せようと思いました。下、井頼の落書きです。

〈浅井井頼〉
f:id:yaki295han:20161021164600j:plain

 井頼は、あの浅井長政の三男だとされています。浅井家が織田信長に滅ぼされた時、なんとか脱出して、その後は豊臣家に仕え、知行3000石という、それなりに高給取りになっています。
 関ヶ原の合戦直前は、増田長盛の家臣でしたが、合戦では生駒親正(西軍)の隊に所属して奮戦しました。合戦後も生駒家に仕え、その後、大坂城に入りました。そして、真田幸村らと一緒に豊臣方として戦い、最後の天王寺・岡山口の戦いで戦死しています。ゲーム:信長の野望烈風伝でも井頼は豊臣方に属しており、ゲーム内の大坂の陣で管理人は、真田幸村・浅井井頼・毛利勝永木村重成後藤基次・渡辺了を好んで使って、徳川家康を討ち取り、徳川秀忠を生け捕り後に処断してやりました(笑)
 実在した?記録は残っているのですが、やはり謎が多い武将です。浅井家が滅亡した際、お市や女の子たちは助けられたが、その他の一族はことごとく捕まった(処断された?)はずなのに、どうやって逃げたのだろう?とか、疑問が多いな~と。
 まぁでも一応記録に残っているわけでして、本当に浅井長政の子供(もしくは養子)だとしたら、すごく名誉なことですよね!

参考資料
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E4%BA%95%E4%BA%95%E9%A0%BC